フロッシー

プロフィール

1FCAAFCC.png
性別:女
 カリコの3姉妹が一人で長女。集団を纏める能力に長ける。特に訓練においては本人の限界ギリギリまでのメニューを組むために鬼教官と呼ばれる時もある。

 サウロによってモーゼ共々殺害されるが、ティアマット化の影響を受け復活し、ダナーンら討伐隊によって共に封じられるまで契約を遂行した。

幼き当主

 フロッシーが産まれた時カリコは既に壊滅しており、その残党と言える組織が打倒モーゼを掲げて地下活動を行っていた。フロッシーカリコが継承してきたシナイ山での催事を取り持つ巫女の一族として産まれ、将来的には当主となる事が約束されていた。

 産まれてからすぐは平凡な少女であったた周囲からの期待もそれほど大きくは無く、良くも悪くもしないだろうと考えられていたが妹のサンディが産まれてからは少々事情が変化して行った。

 生まれ持って異常な身体能力を発揮したサンディに対して大人たちは異常な期待を寄せ、次女である事をいいことに暗殺用の殺人マシーンとして無茶な特訓を開始した。元々痛みを訴えない妹であったが、それが災いしていつの間にか右目を負傷して摘出してしまう等の異様な光景に、幼いフロッシーは強い違和感を覚えていた。

 次第に妹に対するあまりにも雑な扱いに抗議するようになり、ある時訓練を行っていた男性に殴り飛ばされてしまった。次の瞬間、その男性はサンディにより背骨を抜かれて惨殺される報復措置を受けたが、これを絶好の機会と考えたフロッシーは巫女の長女として発言し、我ら姉妹を粗末に扱うとどうなるか、対等な立場をとるようにと強く主張した。

 大人たちはこの意見に従わざるを得ず、フロッシーも大人として扱われるために勉学、大人らの主張、トレーニングの意義などについて活発に議論を交わすようになり、次第にカリコの組織が巫女の3姉妹を中心としたものへと再編されていった。

 特にトレーニングにおいては妹のみが一方的に痛めつけられる内容に不満であったため、悲願を達成したいのなら次善の策、事前の人員が必須と論破し、大人たちも同様の訓練をこなすよう義務付けた。

やられグラフィック

csaga_dead_u_002_01.png

利用mod

  • なし

関連人物


  • 最終更新:2021-05-09 05:00:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード