概要

 高次の存在に達成した人物を指す。元は人間であるが、高い魔力を有したため不老不死の存在となった。知性あるアンデッドととの大きな違いは、アンデッドは一度死んで復活するのに対し、は生きたまま不老不死となった者を指す。歴史的な側面としては、になる修行をより簡素化し、手軽にしたものがアンデッドとして復活する即身仏の法である。また、は知性のないものを使役することができるが、アンデッドとは異なり死体を必要とせず、そのあたりにあるものから生成することができる。素材には個性が出る。

 基本的には30を超えて性行為の経験を持たなかった者が、さらなる修行をへて強力な力を有し、性行為を経験しても魔力を失わかった場合にへと認められる機会を得ることができる。以後、房中術や断食、断眠など、生命維持のために本能が求める行為を、理性と魔法により、逆らい、捻じ曲げる事で、と呼ばれるにふさわしい力を身につける。この修行過程により、使役する知性のないものの素材が変化し、また、不老の特性を得る。なお、いくら力を得たとしても、周囲がそう認めない限りはとはならない。一定以上の人数がと認めて初めて不死の特性をえる。これは社会的な実績が大きく関係しており、記憶と記録により、周囲の人間の本能が求めるがゆえに、不死となるものである。

 当初はただの人間に過ぎなかったが、各地でとなった者たちは、その超人的な力と経験による知見の深さなどから現人神として崇められるようになり、あるものは人を導き、あるものは人を恐怖で支配した。人間とは異なる存在として君臨したが、不老不死であるがゆえに生きる事に飽き、あるいは有限の時を精一杯生きる人間の姿がうらやましく、そして妬ましく思え、その感情に耐え兼ねて人間を滅ぼそうとするものが現れたり、異界を生成してそこに引きこもるものも現れた。

 実際にとなるには相当な修行を要するため、数が徐々に減っている。より手軽に不死を手に入れることができるアンデドの術が広まったのもその原因と言える。

 は個体差が大きいが、共通して美しい姿を持ち、力を開放すると人とは似ても似つかない姿に変化し、無生物を眷属として扱えるという特徴をもつ。またを殺したものは必ず呪いを受け、何かしらの大きな制約を受けることとなる。

関連


  • 最終更新:2016-08-25 14:08:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード