海の民

概要

 一般的にはバルカムット帝国を倒すために立ち上がった、連合国軍の呼称を指す。

 連合軍の母体となった海軍は、バルカムット帝国により滅ぼされたハッティの末裔で、バルカムット帝国に対して最後まで抵抗を続け、撃退にすら成功した。特に海戦での戦果は非常に大きく、バルカムット帝国に抵抗を続けるその姿に最後の望みを抱いたほか民族らが集まり多国籍の軍へと成長していった。ハッティ滅亡後、彼らは元々の部隊名である海の民を名乗り続け、襲い来るバルカムット帝国に対して徹底抗戦を挑み、バルカムット帝国崩壊まで耐え抜いた。彼らが拠点とした孤島の要塞ワドメアは、バルカムット帝国が長期にわたり落とし損ねた唯一の要塞であり、この長期戦による疲弊が無ければ、モーゼの反乱も成功しなかっただろうといわれている。

 モーゼの反乱により反撃の機会をえた海の民に、さらに諸外国からの援軍が送られる。言語の違いなどから大軍を裁ききれなくなった海の民ヤーニヤーは、一番多い援軍を送ってきたギークの指揮官、ヘポロテルを抜擢し、海の民の指揮権を彼女に譲った。ヘポロテルの提案により、連合軍の名称は士気をあげる為にも「海の民」がそのまま使われることとなった。しかし、この指揮権の譲渡は海の民にとって最大の失敗でもあった。

 アンデッドを使えないバルカムット帝国は弱く、瞬く間に制圧された。そして、女王セティギークに嫁ぐことで終戦を迎える。

 その後、平和になった土地にギークからやってきた人々は住み着き、いつしかバルカムット式の差別を行うようになる。元々いた海の民に所属していた人々がハッティ出身であったため、彼らをオークと呼び、当初は単なる民族の名称ぐらいの認識であったが、次第にバルカムット帝国時代の意味が混じり始め、下等な民族とみなすようになってしまう。結果として海の民はその住処を奪われ、海賊として生きざるをえなくなった。

 海の民を追い出した後、しばらくはギークの属領扱いをされていたが独立を許され、その際にバルカムット帝国に唯一抵抗した要塞、ワドメアから名前をもらい、ギークからは指揮権を受けていた時の指輪がワドメアの国王に贈られ、指揮権の返還と独立と友情の証とされた。この指輪は、その昔海の民のを指揮していたヤーニヤーからヘポロテルに贈られたものであり、バルカムット帝国と戦うため、「ウキヤ・リッチー・ワドメア」……ワドメアの為に死者を滅ぼさんと彫られていた。この指輪こそ、海の民が元々のワドメアの所有者であることを示す唯一の証拠であるとして、海賊海の民の頭目となったものは代々ウキヤと名乗っている。

 彼らの悲願はワドメア内乱時に達成され、海の民はその名称そのままに、ワドメアの正式な海軍として迎え入れられることとなった。

関連


  • 最終更新:2017-07-20 09:37:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード