ワドメア

概要

 元々は海の民が拠点としていた要塞の名称。バルカムット帝国ハッティを滅ぼしてから奮戦を続けたため、各地から打倒バルカムット帝国を目指す生き残りらが集まり大きくなっていった国。

 拠点であるワドメアは島の上にあり、バルカムットアンデッドに対して海に沈めるという行為は復活を防ぐという意味で効果的だった。死体は海上に浮かばず、そして海底で魚の餌となり、海流によってはるか彼方へと流されていった。しかし、防衛には適していても攻撃には適さず、救援の要請を受けてはバルカムットの拠点やアンデッドを操る者を狙った抵抗が関の山でしかなかった。

 微力であったが海の民の奮戦はバルカムットに対する最後の希望として多くの人々の目に映っていた。

 モーゼの反乱によりアンデッド制御の術を失ったバルカムットに対し、抵抗を続けていた各国は力を合わせ、海の民を筆頭とした連合軍でバルカムットに反撃を行い、降伏させるまでに至った。軍の指揮は一番多く兵士を集めたギークが行ったが、それまで抵抗を続けてくれていた海の民に敬意を表し、連合軍の名前は海の民とされた。

 戦後処理のためギークの兵士らはワドメアおよびその周辺の土地に待機し、そのまま住み着くこととなった。バルカムットの脅威がなくなると、徐々にオークらとの軋轢が生じ、次第に彼らを追い出していった。バルカムットの慣習が伝わったため、オークは野蛮な人種とされたものが始まりであるが、元々オークとはバルカムット以北に住む人々を指し、海の民が強力な抵抗を示したため、ギークの人々はそう呼ばれなかったというだけの話でしかない。

 オークを追い出した後、ギークは周辺の土地を含めワドメアと呼称しギークから独立させた。このときの国王に送られた指輪は、海の民を率いていたヤーニヤーバルカムットと戦うときに身につけていたまじないが施された指輪であり、指輪の内側には「ウキヤ・リッチー・ワドメア」と彫られていた。ヘポロテルに対し友情の証として贈られたものである。ワドメアを追い出されたオークは再び集まり、海の民と名乗り、海賊として活動し、代々の頭目は、自分たちが正当なワドメアの住人であることを主張するためウキヤを名乗っている。

 ワドメアギークから独立してから長い年月がたち、オルソンが国王となった頃、彼の死によってワドメアは内乱の時代を迎える。オルソンの孫娘、アフロディアの頭脳と、一介の騎士に過ぎなかったニケの指揮力、そして海賊まで落ちぶれてなおワドメアのために戦った海の民の活躍によりこの内乱は平定され、海の民ワドメアに賞賛の声をもって迎え入れられた。

 しかしこの内乱には、地下へと潜ったバルカムット原理主義の影が強く影響していることはあまり知られてはいない。実のところ、内乱を起こしたのも、そして平定したのもバルカムット原理主義の手によるものであるが、これらの事実はヴィルソデモ・ティラーハの手により、堂々と抹消されてしまっている。

独立

 バルカムット帝国との戦争に勝利して後、ギークは最も大きな地域を手に入れ最大の勢力となった。しかし、同時にこれはその他連合に参加した勢力から不公平な印象を受けた。さらにセティを慕ってバルカムットの残党が数多く集結しており、権力闘争に不慣れな層は不平は反乱に見せかけて潰すなどにより、次々に勢力を弱めていった。

 中央から逃げ出した弱小貴族が第二の人生をと選んだ地がワドメア領である。

 たまに顔を出せばよく、中央と異なり従っていても懐を探られ、勢い余って殺されるようなこともない地方は彼らにとって安全な地域でもあった。同時に田舎貴族として虚勢をある程度張らなければ面子が立てられなかった彼らは、バルカムット式の差別を持ち込み土着のオークらを迫害の対象とすることで自身への批判の向きを逸らそうとした。

 土地を奪い、生産を高め、食わせる人口を徐々に増やすことにより彼らは着実に力をつけていたがこのやり方はオーク以外の者からも奪う事が多々あり、積もり積もった反感はギークからの独立を願う声へと変わって行った。

 各地で蜂起が始まり、彼らの鎮圧は不可能と判断したギークは独立を認め、「友情の証」として預かっていたウキヤの指輪をワドメアへと贈り王の証とした。

差別の定着

 田舎貴族らに持ち込まれたオークへの差別であったが、一度持ち込まれた差別の払拭は難しく、徐々に少数民族としての迫害を受け海の外へと追い出されてしまう。団結して失地回復を願うものは海賊や山賊となり、そのうちの一つが海の民を名乗った。

 賊となるものを拒んだ者たちは東へと流れティスティを中心に傭兵活動を開始するなど各地へと散らばりを見せた。結果としてワドメアに定住するオークは消滅し、いたとしても一時的な滞在者かワドメアに戸籍を持たないものとなった。

 過渡期においては彼ら賊となった層の活動がより一層の差別に拍車をかけることとなり、ワドメアからオークが消えるまではさほど時間はかからなかった。

 追い出された者のうち山賊は特に戦闘慣れしていった経緯もあり、稀に傭兵として雇われることがあった。彼らはギーク領土やワドメア領土内においてはこれまでのいきさつから、雇い主を反乱側に絞ることが多々あり、ギーク領土やワドメア領土は複数の小規模な独立した政府が乱立する状態となった。

 これらは吸収、合併、分離を幾度となく繰り返しており、その都度オークは傭兵として迎え入れられた。そのため、多くの人々が認識として、オークは外国人だと思い込むようになり、ついにはワドメアは最初からギークの支配下であったと考えるものが多くなってしまった。

合併と内乱の種

 ワドメアギークから独立した事件を受けて旧ギーク領では独立の機運が高まる。反乱を経て小規模な国家がいくつも立ち上がっては消えていき、最終的には北半分をギーク、南半分をワドメアが支配する形に落ち着いた。この形に落ち着くまで非常に長い年月を要し、傭兵の仕事といえば旧ギーク領と言われるほどであった。同時に街道の治安は最悪に近く、力ある商人でなければ交易が難しかった。陸路は陸路でオークによる山賊、海路は海路で同じくオークによる海賊が跋扈し、時には正規軍による正当な襲撃も行われ混沌とした状況がしばらくつづいた。

 この状況下においてワドメア及びギークが、経済的な発展を行えた理由は一重に旧バルカムット人のおかげと言える。彼らがワドメアを通るルートでの通商路を開拓しており、さらに一部のものはアンデッド使役の術を秘伝として残し発展させ、見た目は生きた人間になるよう化粧を施したり、あるいはアンデッドをうろつかせ賊も近寄らないような噂を流すなどの様々な手段により隊商を護衛した。

 初期においては聖誓士団所属の者も多かったため戦闘練度も高く、彼らの活動は賊の平定においても有効であった。ギークバルカムット原理主義の拠点でもあったためいち早く安全が確保され、次いでワドメア周辺の安全が確保された。

 一方で、バルカムット原理主義は自身の商売と実績の為、各地の内乱を裏で補佐した。品物をアンデッドに武装させて行軍することで、夜間の遠目には単なる街道護衛に見せかける偽装などにより供与が行われた。また、服装などを他国の物にし戦乱の種を植え付けるなど常に事件があるようにコントロールが行われていた。

 これらの内乱は、脱ギークが進むとワドメアへの併合が進み、脱ワドメアが進むとギークへの回帰が進む、お互い天秤のような状態が維持された。ワドメアの政府はギークをライバル視するものは少なかったが、ギーク側は非常に多く、ワドメアの領地を含め再統一を目論む一派も少なからず存在した。

 また、統合や合併の繰り返しによりワドメアという一つの大きな枠組みとしての意識は徐々に薄れ、ギーク側の思惑も相まってワドメア内部にも内乱の種が植え付けられていた。

 田舎貴族による小さな内乱や無実の者への粛清などがたまに発生し、その都度民族を主張する小規模のグループが少しずつ形成されて行った。ただし、本来の住民であるオークは忘れ去られたままであり、賊や傭兵の扱いの域を出ることはなかった。

内乱及びギーク侵攻

 植え付けられた内乱の種はギーク侵攻の隙を作る際に意図的に掘り起こされた。バルカムット原理主義アルフォンソ・ティラーハが当時の国王であったオルソンに暴走の兆しが見え始めたためこれを暗殺し、さらにはこの暗殺をギークによる謀略と見せかけるため、内乱の種を芽吹かせ、この内乱に乗じてギーク侵攻を演出した。

 内乱にはオークなどの盗賊集団以外にも、煽動された貴族の子ら、そしてヴィルソデモ・ティラーハも動員され1/3を失うなどの大きな被害を出した。

 アフロディア及びニケの働きにより内乱は平定されるが、同時にオルソンバルカムット原理主義の繋がりは闇に葬られ、ワドメアギークは険悪な関係となる。

 この内乱平定により、海賊であったオークの一部はワドメア海軍に吸収され海上運輸は以前よりも安全性を向上させた。依然としてオークが外国人扱いであることに変わりはないが、若干の地位向上を果たした形となる。

都市

関連


  • 最終更新:2018-11-13 11:48:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード