ワドメア

概要

 元々は海の民が拠点としていた要塞の名称。バルカムット帝国ハッティを滅ぼしてから奮戦を続けたため、各地から打倒バルカムット帝国を目指す生き残りらが集まり大きくなっていった国。

 拠点であるワドメアは島の上にあり、バルカムットアンデッドに対して海に沈めるという行為は復活を防ぐという意味で効果的だった。死体は海上に浮かばず、そして海底で魚の餌となり、海流によってはるか彼方へと流されていった。しかし、防衛には適していても攻撃には適さず、救援の要請を受けてはバルカムットの拠点やアンデッドを操る者を狙った抵抗が関の山でしかなかった。

 微力であったが海の民の奮戦はバルカムットに対する最後の希望として多くの人々の目に映っていた。

 モーゼの反乱によりアンデッド制御の術を失ったバルカムットに対し、抵抗を続けていた各国は力を合わせ、海の民を筆頭とした連合軍でバルカムットに反撃を行い、降伏させるまでに至った。軍の指揮は一番多く兵士を集めたギークが行ったが、それまで抵抗を続けてくれていた海の民に敬意を表し、連合軍の名前は海の民とされた。

 戦後処理のためギークの兵士らはワドメアおよびその周辺の土地に待機し、そのまま住み着くこととなった。バルカムットの脅威がなくなると、徐々にオークらとの軋轢が生じ、次第に彼らを追い出していった。バルカムットの慣習が伝わったため、オークは野蛮な人種とされたものが始まりであるが、元々オークとはバルカムット以北に住む人々を指し、海の民が強力な抵抗を示したため、ギークの人々はそう呼ばれなかったというだけの話でしかない。

 オークを追い出した後、ギークは周辺の土地を含めワドメアと呼称しギークから独立させた。このときの国王に送られた指輪は、海の民を率いていたヤーニヤーバルカムットと戦うときに身につけていたまじないが施された指輪であり、指輪の内側には「ウキヤ・リッチー・ワドメア」と彫られていた。ヘポロテルに対し友情の証として贈られたものである。ワドメアを追い出されたオークは再び集まり、海の民と名乗り、海賊として活動し、代々の頭目は、自分たちが正当なワドメアの住人であることを主張するためウキヤを名乗っている。

 ワドメアギークから独立してから長い年月がたち、オルソンが国王となった頃、彼の死によってワドメアは内乱の時代を迎える。オルソンの孫娘、アフロディアの頭脳と、一介の騎士に過ぎなかったニケの指揮力、そして海賊まで落ちぶれてなおワドメアのために戦った海の民の活躍によりこの内乱は平定され、海の民ワドメアに賞賛の声をもって迎え入れられた。

 しかしこの内乱には、地下へと潜ったバルカムット原理主義の影が強く影響していることはあまり知られてはいない。実のところ、内乱を起こしたのも、そして平定したのもバルカムット原理主義の手によるものであるが、これらの事実はヴィルソデモ・ティラーハの手により、堂々と抹消されてしまっている。

都市

関連


  • 最終更新:2015-05-19 01:06:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード