ヨシュア

プロフィール

222DAFD0.png
登場作品:女将軍モーゼ
性別:女
 アグリストIIダナーンとは幼馴染のエルフで、メタトロンの一人。モーゼが石切り場にて虐殺を行った際、モーゼの後継者の候補として選ばれた。武芸をカリコの傭兵であるサンディに学び、バルカムット帝国との戦いでは大いに活躍し、人々の信頼を得た。

 モーゼの親衛隊として常に側におり、シナイ山にて儀式の護衛をしていた際にダークエルフへと進化する。むろん、この進化はエルフらの言葉では堕落と呼ばれる。エボンフラムの最初の持ち主であり、最後の持ち主でもある。

 モーゼに率いられ、約束の地アナンに近づいた頃、モーゼによって偵察を命じられ、単身アナンの地を測量中、恨みを持つエルフらの凶刃によってその命を落とした。その後エボンフラムデニアの手に渡り、長い年月をかけ、魔力を中和し、ビルドフラムと名づけられ、その時々の勇者の手に渡された。しかし、あるとき没落貴族が日銭の為に市場に出して以来、模造品が絶えない。

戦士として

 元々運動が得意だったヨシュアモーゼによって強制労働から救出されてからは、サンディを師として特訓を開始した。メニューは主にフロッシーの考案によるもので、生死の狭間が垣間見えるほどのスパルタ教育だった。

 異常とも思える特訓をこなしたヨシュアは、初陣からして初陣とは思えない働きを見せる。モーゼセティに直接交渉をし、その決裂を合図に始まった解放の進軍で先陣を切り、数多くの戦功を立て、当初は後継者の筆頭と目されていた。しかし、ヨシュア自身は後継者に対する興味が無く、ダナーンが適任であると考えていたため、後継者争いなどは特に発生しなかった。

 ヨシュアがその戦闘力をいかんなく発揮したのは、ダナーンの別動隊と行動を共にした際である。バルカムット領内において、脱出の明確なルートが見えず、海へ向かってまっすぐ進もうとするモーゼダナーンは反発。少数のグループを率いて別ルートでの脱出を試みた。この時、モーゼの命によって、ヨシュアニヴァーナライゾーらが派遣された。

 ダナーンの選んだルートではワーゴの砦を抜けねばならず、ここの突破は少数による指揮官の暗殺と、それによって生じる指揮系統の混乱の隙を突いて脱出するといった作戦が取られた。この作戦によりチェカは死亡し、彼女が保有していた炎の剣は戦利品としてヨシュアが持ち帰った。

 バルカムットの主な領域を脱出したダナーン一行だったが、そこから先に行く当てもなく、どこへ向かうかも決められなかったため、ヨシュアの提案により再びモーゼに合流する事となった。

原初のダークエルフ

 シナイ山にてモーゼと合流してからすぐ、ヨシュアには特命が下された。モーゼによるアンアニ討伐の護衛である。本来、モーゼの護衛はカリコの姉妹、特にサンディの仕事であったが、異界に引きこもったであるアンアニへと通じる出入り口を開くため、彼女らは昼夜を問わず、交代で扉を支えなければならなかった。

 師は手が離せないため、名誉ある代役を仰せつかり、ニヴァーナと共に異界へと突入し、サウロモーゼの盾となり、剣となり良く戦う。この戦いにて、モーゼサウロは共に新たな力を手に入れ、ヨシュアを初めとする親衛隊はダークエルフとなる祝福を贈られた。

 ダークエルフとなった事により、体力の回復、及び傷の再生が非常に速くなり、前線でのより強固な盾としての活躍が可能となった。

 シナイ山より降りてからの親衛隊の仕事は、元同胞の殺害だった。ジリスライゾーが貴重な食料を使い、連日の宴会を繰り広げており、力及ばず止められなかったとダナーンより知らせがあったのだ。これに激怒したモーゼは参加者全員の殺害を命じる。この命に、報告を行ったダナーンは懸命に助命を請い、文字通り命をかけて代表者だけに留めるよう懇願した。

 ダナーンの助命により、宴会参加者は命を救われたものの、この時の襲撃、そして親衛隊の元同胞に対するためらいのなさ、なによりもヨシュア自身の主体性の無さなど、モーゼに対する恐怖、怯えはダークエルフらへの恐れへと結びつけられていった。この恐怖は後の両種族の差別、確執へと繋がっていく事となる。

 ヨシュアは実に優秀な護衛、戦士であり、戦闘は他に類をみない実力を備えていたが、将来の見通しや長期的な視点での考えなどは苦手であり、その点でダナーンには大きく水をあけられてしまっていた。ただし、そういった面は多少不器用なりとも全員を全力で守る姿勢で補っていたため、現場からの信頼と言う意味ではダナーンよりも強い支持があり、特に親衛隊からは模範とされ、後に「原初のダークエルフ」と称されるようになる。

ティスティ攻城戦

 シナイ山での準備が終了したモーゼ一行は、約束の地へと進む中継地点として、ティスティの街の占領を選択した。

 ヤミ率いるジェリコ軍は死体を中心とした物量で相手を殲滅する、旧来のバルカムットの伝統を引き継ぐ一軍で、こと防衛に回られるとティスティが有する高い城壁も相まって難攻不落の砦と化していた。この砦攻略にあたって、内通者であるオルセにより、城壁を一気に崩壊する工作が施された。

 モーゼはこの仕掛けを、アンデッドを一掃するために利用する。まずアンデッドを一掃するために、一ヶ所に集める必要があったが、これを包囲、威圧、という形で実現させる。また、アンデッドの出し惜しみを防ぐため、モーゼ自らが指揮を執っているとわざとヤミに知らせた。元々彼女らは共に戦った仲であり、ヤミが攻めあぐねたハッティモーゼは難なく落として見せた。モーゼの戦術の強さをヤミは良く理解していたため、持てる死体全てを動員し、城壁の防御を固める。

 起爆は前もって侵入させていた精鋭、ヨシュアサンディサウロによって行われた。この起爆により城壁は崩れ、アンデッドは落下による損傷とガレキにすりつぶされる形となり、戦いに耐えられるものの数は激減した。これを合図として弓の打ち合いが始まり、ティスティ内部は混乱を極めた。

 混乱の最中、オルセにより提供された鎧のおかげで怪しまれること無く、ヨシュアサウロヤミに近寄ることが出来た。無論、弓の打ち合いであるため、城内には新たな死体が生成されるが、この死体をサウロが先に使役する事で、ジェリコ軍の戦力増大を防いでいた。これら死体はヨシュアが率い、ヤミの護衛部隊との衝突が開始された。

 死体の捨て身により武器が無力化され、かつての友人に対して剣を振るう事を躊躇った護衛の兵士に対して、ヤミアンデッド使役術の研究の成果による応用で、強制的な自殺を護衛兵らに命じ、新たな死体を生成し抵抗する。

 ヤミヨシュアサウロの使役する死体の群れに注意を向けている間、別働で単身動いていたサンディは矢倉を一つ制圧していた。そして、ヤミの頭部を長距離から射貫いた。予想していなかった射撃に、周囲のジェリコ軍は誘われるようにヤミを裏切り、彼女に向けて弓の一斉射撃が行われる。自殺を強要された姿に自分自身を重ねていたのだ。誰かが裏切ったのであれば、その後に続けと、皆がそう思い自分自身の生を取り戻すために放たれた矢であった。

 矢ブスマとなったヤミであったが、知性あるアンデッドである彼女にとって肉体はある意味では飾りに過ぎない。少々重くなって動きづらくなった程度でしかなく、平然と指揮を再開しようとした。自分自身に向けて矢を放ったもの全てに自殺を命じ、多くの兵士が勝手に動く手足に必死に抵抗をしていた。

 ヨシュアは戦闘を長引かせてはいけないと直感的に判断し、強引にヤミにむかって突入。手にしていたエボンフラムで、ヤミを縦に切り裂いた。エボンフラムが発する黒き炎に焼かれヤミは消滅し、自殺を強要されていた兵士らはその呪縛から解放。同時に、戦意を喪失したジェリコ軍はモーゼ一行へと投降し、驚くほど少ない死傷者をもって、この攻城戦は終結した。

ただ一人アナンの地を見る

 ティスティ攻城戦が終了後、モーゼは、しばらくは為政者としての仕事を余儀なくされた。ヤミによるバルカムット式の締め付けから解放されたため、周辺都市からすると解放軍に等しく、多くの代表者がモーゼの元へと挨拶に訪れた。

 本来、ティスティは交通の要所でもあったが、ヤミ統治時代は生きた人間が死体になって歩いて帰ってくると言う噂が立ち、わざわざ迂回したルートを取るものが多かった。この脅威が無くなったため、一気に賑やかさを増し、各町の代表者以外にも商売を始めたいと願い出るものや、治安の悪化を訴えるもの、昔から住んでいるものとのトラブルなどの解決せねばならない問題が一気にのしかかってくる。

 本来は政治に口を出さないつもりでいたようだが、解放軍として周囲から面会を求められ、当のティスティからも相談を持ち掛けられるなど、結果として統治に深く関わる状況となってしまっていた。

 モーゼは将軍としては極めて優秀であったが為政の経験はなく、また、交渉も経験が少なかった。そのために、事務方としてダナーンが大活躍した。が、同時にモーゼからは手放せない存在となってしまっていた。

 永住するわけではないので、ある程度落ち着いたらアナンへの移動を再開すると方針を立てていたモーゼは、先行してヨシュアを単身向かわせることとした。本来は信頼できるものに街の政治は丸投げし、ダナーンヨシュア、親衛隊をつれて改めて下見に行きたかったのだが、状況がそれを許してはくれなかった。

 しかし、単身向かったヨシュアアナン一歩手前にてジリスライゾーの残党より襲撃を受ける。ダークエルフとなり身体能力は向上し、傷の治りも早くなっていたが、即死性のある毒にはさすがに勝てず息絶えてしまう。意地で襲撃した残党は全員切り殺したものの、ティスティまで帰還することはかなわなかった。しかし、襲撃を受けた事実を伝えなけれならないと言う強い意志はエボンフラムに自我のようなものを産み出し、死体を引きずりながら炎の剣は歩き続けた。

 同時期、モーゼバルカムット残党の強襲を受け死亡し、ティアマットとなり世界を荒らし始める。この危機に対するためヨシュアに帰還命令が下され、その命令を伝えにきた親衛隊により死体とエボンフラムが回収された。

 緊急の事態であったため、ヨシュアの遺体は取り急ぎ埋葬され、ティアマット討伐後、改めて葬儀が行われた。

やられグラフィック

csaga_dead_u_004_01.png
csaga_dead_u_004d_01.png

利用mod

関連人物


  • 最終更新:2017-09-14 11:45:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード