ヤーニヤー

プロフィール

28F8E938.png
登場作品:女将軍モーゼ
性別:女
種族:オーク
所属:海の民

 かつてアグリストの補佐を務めたモリヤの子孫。ハッティの残党を率い、要塞ワドメアを拠点としてゲリラ戦を展開し、史上唯一、バルカムット帝国の進行を食い止めた。しかし、この戦果は偶然によるものであり、アンデッドと海の相性が極端に悪く、海上の比較的小さい島が拠点とであったという幸運に恵まれた結果に過ぎない。

 海上戦が多かったために弓の扱いに長け、他オークからの信頼も厚い。

海の民の指揮官として

 産まれたときからその島はバルカムット帝国に戦いを挑んでいたため、本人も戦いのための訓練を積み重ねていつかバルカムットを倒すのだという夢を抱いて育つ。島は狭く農業などには適さなかったが、海の幸は豊富に採取できたため自然と船の扱い、揺れる足場での下半身の安定など、船上での動きが取りやすい体へと成長していった。

 資源の問題で大型の船などは作成できなかったがこれもバルカムット帝国の対アンデッド戦への相性が良く、死体が産まれても大きな損害が出ない上に、死体が操船できるはずもなく、攻勢にこそ出られないが安定した防衛には成功していた。

 ヤーニヤー自身はアグリスト教団の創設者であるモリヤの子孫であったため周囲からの期待も高く、本人も復活した伝統に従って訓練を積み重ね、盤上の模擬戦、実戦での戦果などを順調に重ねていき10代後半にして海の民の指揮官として抜擢される。

 歴代と比べて特に優秀であったわけでは無かったため、戦果そのものはこれまでと同様のものであった。周囲も特別大きな期待をしていたわけでもなかったため、これについては落胆の声も無く海の民がどこまで抵抗を続けられるのかは誰しもが不安を抱えていた。

 

やられグラフィック

csaga_dead_u_011_01.png

カットイン

カスタムサーガ_カットイン_i_allow_u_011.png

利用mod

関連人物


  • 最終更新:2019-12-06 10:19:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード