モーゼ

プロフィール

 バルカムット帝国後期における、王女が一人で、崩壊の引き金を引いた人物でもある。

 王女とされていたが、実質はエルフヒューマンの間に産まれた不義の子であり、母親はそれをひた隠しにしつづけた。幸いヒューマンの血が濃く出たため知られる事は無かったが、本人はエルフであることに自覚があった。出生を隠し育ててくれた母に大きな感謝をし、若い間は王女として振る舞い、前線に立ち数々の軍功を上げる。しかし、母親の死後、自身の出生と立場に違和感を覚え始める。彼女はエルフであるが、バルカムット帝国で暮らすエルフオーク、は奴隷としての扱いを受け、死してなお労働につかされている。自分だけがのうのうと暮らすわけにはいかないと感じ、軍事的測量などを名目に帝国内はもとより近隣諸国を見聞して回る。

 エルフら奴隷を解放する地として、適切と思われる地、アナンを見つけ出した彼女はそこで異世界の住人であるサウロと出会い、彼を個人的な魔法使いの奴隷と称して庇護下に置く。また、見聞のさなか海を渡った国の傭兵であるカリコと密約を結び、カリコの3姉妹を私兵として迎え入れた。

将軍としての活躍

 エルフの血が混じっているためか、本人にアンデッドを使う才はあまり無かったようだが、その分、アンデッドでさえも出来るだけ消耗を抑える戦いを身につけた。特に遠征においては多大な功績をもち、ハッティを滅ぼすまでに至った。各地を見聞するにあたり、彼女の将軍という肩書きは大いに役立った。

 アンデッドを使う才が無いといっても、セティと比べての話であり、一般的なバルカムット人では足元に及ばない質と量を操ることができた。

 ハッティへの遠征の後、各地で反乱を制圧しつづけ、非常に大きな功績を得た。反乱がある程度落ち着いてからは、首都アテンに留まり、石切場などを見て回る生活を続けたが、ある日、ヨシュアダナーンアグリストIIの3名が兵士と口論になっている場面に遭遇。アグリストIIが兵士を殺害した瞬間を好機と考え、サンディに3人の護衛を任せた後、自身はその石切場を(一般人を含め)壊滅させた。この事件の後、同石切り場を拠点としたのがジリスである。

 石切り場での虐殺が完了した後、サンディらと合流。ヨシュアダナーンを連れて、カリコの拠点であるシナイ山へと一旦身を隠し、他奴隷らを一気にバルカムットから解放する計画を練り、水面下での活動を始めた。

帰還と出バルカムット

 解放の手はずが整った頃、彼女はバルカムット首都に足を運ぶ。奴隷らを解放するよう姉王セティに要求したが受け入れらる事は無かった。最初から強引な手段にでるつもりだったモーゼは交渉決裂を合図として、カリコ姉妹とダナーンに進めさせていた蜂起を促した。自身は町々を解放しながら進み、合流者は日に日に増えていった。

 バルカムット帝国最東端の海へと進み、サウロの魔法よりヒントを得た手段によって追撃を振り切り、海を渡った先のカリコの拠点、シナイ山にて一旦腰を落ち着ける。

シナイ山での儀式

 中継地点であるシナイ山で一行は武芸を学び、武器を鍛えた。モーゼサウロは、ヨシュアと一部のエルフを親衛隊として抜擢し、より強大な力を手に入れるためシナイ山頂上にて儀式を執り行い、モーゼはハーフアンデッドとなる。また、ヨシュアら親衛隊はダークエルフへとその姿を変え、儀式完了と同時に作成されたエボンフラムを与えられる。

 儀式に相当な時間を要したため、シナイ山のふもとではエルフ達が堕落を始め、宴会に興じていた。貴重な食料、そしてカリコからの信頼を裏切ったとしてモーゼは激怒し、ダークエルフに首謀者とその一族の惨殺を命じた。この事件によってオークは離脱。あるものはカリコの元で技を磨き、あるものは更に東へと足を向けた。

サウロの裏切り

 さらに旅を続けた一行がアナンの地にようやっと着こうという頃、サウロによって裏切られモーゼは死亡。身に蓄えた魔力の暴走によりティアマットへと変化し、周囲を混乱へと陥れる。

 突如現れたに対し、モーゼの後継者であるダナーンは周辺都市より兵を募りこれの討伐を開始する。バルカムット崩壊の現実を整理するため、ギークから陸路で帰還していたデニアアグリストIIや、海の民など多くの人が人種、これまでの恨みなどすべてを忘れて協力した。

 決戦によりティアマットは倒されたが、その死体が残らなかったため封印と称し、封印の地の管理はオルセへと委ねられた。

ティアマット信仰

 ティアマットが登場した際、モーゼより力を授かったダークエルフはティアマットを神とあがめ、ニヴァーナ以外の者はこの戦いへの参加を拒絶した。これは後々のエルフとの軋轢の元となる。

やられグラフィック

csaga_dead_u_008_01.png

利用mod

関連人物


  • 最終更新:2016-12-30 22:33:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード