ベーア

概要

 アンデッドが出没するという噂から建設が放棄された港。孤島に建設予定で、補給用の中継地点を目的とされていた。

 元々無人島の小さな島であったところにアルフォンソ・ティラーハが目をつけ、7割完成した段階で部下を送り込み、アンデッドを実際に出没させ作業を中断させた。その後は彼が残りの建築を行い、兵士の駐屯用に山の中腹をくりぬき、島ひとつを丸々軍事拠点とした。彼がワドメアでの地位を確立した頃、ベーアは手入れのみを行う状態となった。

 ワドメア内乱時のドサクサに紛れ、所有者をアルフォンソ・ティラーハから息子のヴィルソデモ・ティラーハに変更され、内乱時の活動の拠点として活躍したが、一般的にはニケの活躍とされており、この事実を知る者は少ない。

関連


  • 最終更新:2015-05-17 11:00:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード