パハボトー

プロフィール

27940834.png
登場作品:女将軍モーゼ
性別:女
種族:ヒューマン
所属:バルカムット帝国

 デニアの部下。兵士としても女性としても平均的。ただし、致命的な妄想癖があり、時折その妄想がとまらなくなり、現実との区別が付かなくなる。イノとは同期で、その腕前から勝手に魔器使いと呼んでいるが、イノ自身はもちろん普通の兵士である。アグリストとの出会いで本物の魔器使いとの遭遇を果たし、その一点だけでベタ惚れになる。

 人種による差別よりも妄想の方が勝るらしく、逆に異種族を優遇する傾向がある。平たく言えば中二病をこじらせた。オカルト好きが高じて彼女なりに整理したところ、他に類を見ない書籍が出来上がり、一部の好事家の間では好評を博している。自称文豪。異種族との交流を多く持てるアグンヌは彼女にとっては最高の職場であったといえる。

 モーゼによる出バルカムット直後、イノをはじめとする合同演習参加者を率いてヤミの救援に向かうが、洞窟内で孤立。ヤミは、彼女らが全滅したところでアンデッドとして復活させ、背後を突く算段であったため、援軍を出さなかった。バルカムット崩壊によりヤミが裏切ると予想したゼーは、アグリストIIを単身派遣し、救援に向かわせた。現地にはバルカを初めとする、アグンヌの元労働者が多数いたため、彼女らの協力を取り付け船を用意し、パハボトーは脱出に成功した。この時、洞窟からの脱出の際に落盤が起こり、イノアグリストIIは海の民に捕らわれてしまうが、ヤーニヤーアグリストIの部下、モリヤの子孫であったため客人として迎え入れられた。

 バルカムット崩壊後は、ムタヤータメゼーを補佐し、ツィーツィの洞窟の定期討伐において大きな功績を残した。

やられグラフィック

csaga_dead_u_007_01.png

利用mod

関連人物


  • 最終更新:2016-12-30 22:32:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード