バルカムット帝国

概要

 その昔繁栄したヒューマンによる帝国で、アンデッドを使役する能力に長けていた帝国。特に最前線には死者を活用する手段で活躍し、数多くの土地を制圧し、奴隷を数多く従えた。圧政であったため、反乱は絶えず起こっていた。

 広大な土地を支配する為、他から傭兵を雇うこともあった。その一つが海を渡った先のカリコである。契約により兵士を派遣され、正規の叛乱に手が回らない時はカリコなど傭兵の手を借りていたが、一部の傭兵団は名声が下がるとして契約を放棄することもあった。これら傭兵は反乱にも力を貸していたと見られている。

 エルフとの不義の子、モーゼが奴隷を纏め上げ、大反乱を起こしたため、国力を支えていた奴隷は奪われ、また知性あるアンデッドも混乱をセティを見限りバルカムットを離れたため、国力は一気に疲弊し分裂を余儀なくされた。

文化

娯楽の発展

 永遠の命をえたアンデッドらは、その永遠の暇をいかに潰すかに心血を注いだ。そのため、音楽、絵画、彫刻、文学などの文化的な娯楽が大いに発展した。

 例外として、料理は他地域と比べ、それほど発展しなかった。アンデッドは味覚が徐々に失われるため、爆発的な発展は望めなかったのである。ただし、生きた人間はアンデッド使役の練習の一環として、死体に料理をさせるという教育がなされたため、バルカムット人で料理が苦手なものは少ない。

 後世にはアンデッド使役の術、及び非人道的な奴隷の扱いに関する資料は、人間の器官の詳細な資料として、あるいは体力の限界などの科学的な資料として脚光を浴びることとなる。しかし、その脚光を浴びるまでは忌むべき存在として大切に扱われることは少なく、死者の書同様に、限られたものだけが大切に保管していた。

生誕の儀式

 バルカムット人は、生まれてすぐ血のつながりのあるアンデッドより、肉片や血液を摂取する。これは高次の物との融合を意味し、性行為を経験してもある程度魔法が使えるようにするためである。

 バルカムットでは、知性の無い死体を各家で1体は保有しており、料理や洗濯、買出しなどの雑用を彼らにやらせていた。よって、アンデッドの使役が行えないと、色々と日常生活に支障をきたすため、最低限、1体は動かせるようにと受け継がれてきた儀式である。

教育

 子供たちは、物心ついた頃にはアンデッドを使役して料理をするようになる。これはどの家庭でも見られる一般的な教育方法で、食材という死体をそのままにし、動かすべき死体とそれ以外のものを明確に区別するための訓練である。

 この使役の訓練を幼い頃から続けることにより、最低限の魔力でアンデッド操作が行えるようになる。また、料理についてもある意味で英才教育を施されるため、バルカムット出身で料理が下手なものは極めて珍しい。

識字率

 奴隷以外のものでは80%以上の人間が文字を読むことができる。アンデッドにいたってはほぼ100%と高水準をたたき出している。奴隷に対しては、直接教えることはないが、文字を見る機会が多いため、特定の単語、特定の文字を読めるものがわずかに存在している。例えば地名、特定の部屋、建物などは塊として認識することができる。

特産品

死体

 死体はバルカムットにとって、最も重要な労働力であり、財産であり、特産品でもある。ほかの地域に行っても売り物にはならないが、死体を用いることで倹約ができるという利点もある。敵側の優秀な戦士の死体を戦利品として持ち帰ると言う、他の地方では決してみられない価値観も存在している。

 また、知性あるアンデッドを親に持つものが多いため、死体は彼らにとって嫌悪の対象ではない。

防腐処置

 アンデッドになる、ということは死ぬということであり、そのまま放置すれば腐る、ということでもある。アンデッドになった直後、まだ魔力が大きいうちはみずみずしい肌を保っているが、時間の経過とともに腐ってしまう。

 よって、アンデッド化した人間と、生きた人間が共存していくために、防腐処置というものの技術が大変発達している。

 基本的には油を塗り、カビを寄せ付けないなどのコーティングと、消化を助けるために石を食うといった、内蔵を削る食事などである。

ガラス細工

 アンデッドらがパーティなどへの出席の際、生前の姿をとりもどそうと努力した結果、本物と見まごうできの義眼が作られるようになった。その副産物として、ガラスにより作られた食器、装飾品など、ガラスの技術が発展している。

美術品

 石文化が盛んであり、特に彫刻美術が発展した。

巨大建造物

 アンデッドの怪力により巨大な石が運べるため、巨石文化が発達している。

軍隊

装備品

 女性はとにかく露出が高い装備品を身につける。ハイレグアーマーにヘルメットという装備が基本で、篭手や具足などは、得物や各人の好みによって変化する。(エロいネトゲの装備が如くっ! 其の六 〜人族戦士〜

_0028_484D19BC.png_0027_484D21AA.png
 兵卒は黒、仕官は白の鎧を着用する。

 弓と槍の技術が発展しているが、軍内での地位は槍の方が上である。これは、アンデッド使役の際、使役者が白兵技術に精通していればしているほど、アンデッドが白兵戦で強くなるためとされている。アンデッドに弓を使わせることは可能だが、狙い済ました射撃は、生きた人間にしか行えないため、物量を作戦の柱におくバルカムットでは、正確な弓の一撃よりも、手数による白兵の方が重視されている。

青銅の装備から鉄の装備へ

 モーゼによるハッティ攻略により、大量の奴隷が流れ込み、同時にハッティの武具や設備の研究から、冶金技術が大いに発展した。これを受けて、軍隊の装備品は一新され、それまでは青銅の武器であったものから鉄の武器へと変化した。ただし、物量を旨とする戦術にはなじまず、また高価であったため、一部の指揮官などに支給されるのみであった。

主な都市

関連


  • 最終更新:2016-03-27 05:25:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード