デニア

プロフィール


 バルカムットの軍人。現場主義で他民族の戦士を認めているため差別的な意識はきわめて低い。バルカムットのために最後まで戦った人。

 モーゼバルカムットを出てすぐにアグリストIIと出会い、その有能さから色々と重要な仕事を振り、他の仲間に紹介をして回った。アグリストIIバルカムットの守護者と呼ばれるのはデニアとの出会いがあればこそである。

 バルカムット崩壊後はアグリストIIと共に戦場を駆け巡り、降伏のためセティギークに嫁ぐ際の護衛を果たした。モーゼティアマットと化した時も討伐に参加し、功績を挙げている。死に場所を求めていたと後に振り返っている。

 ティアマット討伐後、バルカムットの負の遺産といえるエボンフラムを浄化する旅に出ることを決意。アグリストIIと共に、長い、幾世代もへた浄化の伝説がここから始まった。エボンフラムが浄化されるまでの間、ダナーンより渡された一冊の白紙の本に、この浄化の旅に携わったもの全ての名前が記載されていき、彼らはまとめて聖誓士と呼ばれる。

生い立ち

 両親はデニアを産んでまもなく他界しており、知性あるアンデットとはならなかったため祖父母に引き取られた。本来バルカムットで生まれたものは、初期の段階で料理を通じて死体を動かす術を学ぶが、幼いデニアには死体は両親を連想させた。そのためこの教育を受けられず、バルカムット生まれでありながらアンデッド操作が苦手である。また、祖父母はすでにアンデッドであったため味がわからなくなっており、兵士になるまではまともな食事を出されることがなく、料理というものを目にしたことがなかった。よって、バルカムット生まれでは珍しく、料理が苦手である。こういったほかとは違う特色が、彼女をバルカムット的な偏見から解き放ち、公平な視点を持つ大きな要因となった。

 生まれこそ名家であるものの、アンデッド操作等が苦手という理由から伝統的な町には配備されず、実験都市アグンヌへ配属となった。

訓練時代

 アグンヌ配属前の訓練兵の頃、彼女は様々な新しい発見をする。そもそも調理されたものを見たことがなかったデニアは、ここで初めて料理というものを目撃し食事らしい食事を始めて覚える。また、それなりに名家の生まれであった事に加え、アンデッド操作による家事を学ばなかったために部屋がすぐ散らかり、同室だったチェカには大いに迷惑をかけていた。洗濯などはさすがに覚えたが、掃除は依然として苦手である。

 また、料理に関しては当番制であったが、デニアが調理を行うと、サラダに目が生える、魚に足が生える、焼いた肉に口がつくなどなど、あまりのおぞましさにアンデッドを扱うバルカムット兵士ですら恐怖を覚えた。そのため、同室であったチェカが代理で当番を行うようになり、兵舎の平和は保たれたという逸話がある。これは無意識による半端なアンデッド使役術が災いしたもので、動かすべき死体と、動かすべきではない死体を区別できず、食材を生き返らせた結果である。食材は死体であるが、料理によりほかの死体と混ざり合ったことで、食材自身も本来の姿を思い出せず、キメラを誕生させてしまった。もちろん、これらの料理は破棄された。バルカムットの初等教育が、彼らの生活にとっていかに重要なものかを示す事件とも言える。
(参考:Dな食卓

 なお、この噂は有名ではあったが、アグンヌ配属時、そんな奴はいないだろうと、噂はあくまでも噂だろうと言うことで兵士らがデニアに調理させたところ、盛り付けられた葉っぱを触手代わりにして歩き回る、名状しがたいサラダが何皿も出てきた。それ以降二度と調理場には近づかないよう嘆願された。

聖誓士団

 当初、聖誓士団アグリストIIデニアの二人だけであったが、幸いにして旧バルカムットに友人が多かったために多くの支援を得ることが出来た。人が増えた事により何かしらの名称が必要となり、ムタヤータメの案により聖誓士団と名付けられ、白紙の本は団の拠点に預けられ、これへの署名をもって団員と認められるという一定のルールが作成された。

 モーゼの出バルカムットにより、かつての労働者が散らばり、デニアの名声は地味に高まっていた。一つにはとても良い労働者の監督であった事。バルカムット人にして、一切分け隔てなく接してくれたと言う内容の名声。もう一つには、ジリスの部隊との戦闘、そしてティアマット戦など、アグリストに引けを取らない戦いぶりにより得た戦士としての名声。最後に、呪いの武器、エボンフラムを装備する呪われしものとしての名声。この3種類の名声が噂話として広がり、バルカムット地方ではちょっとした有名人になっていた。

 この名声のおかげで、どこへ行くにも楽ではあったが、本来の目的である浄化の旅は困難を極めた。元々が誰も行ったことのない行為であるし、出来る事と言えば神聖とされる場所に赴き祈りを捧げる程度。他は出来ると豪語したもののの元へ向かってはガセネタをつかまされるなどを繰り返していた。しかし、当の本人には、携えている黒い炎を出す剣が予想以上に危険な物である実感があった。

 浄化の旅を続けるにつれ、徐々にエボンフラムには自我のようなものが宿るようになり始めた。デニアは幾度となく、夢の中でエボンフラムを持った自分自身と戦い、勝利はしていたものの、いつ殺されるか解らない不安を常に感じていた。夢で受けた切り傷と同じ場所に小さな傷が出来る事もあり、夢の中での敗北は死を意味するのではないかという予感、そしてバルカムット生まれである彼女にとって、死はそのまま使役される死体になるのではないかと言う恐怖が頭を巡っていた。

 自身の迷いを払拭するために彼女が求めたのは、信頼できる男性のぬくもりであった。行く先でお互いを求め合った結果、二人の間に新しい命が授けられた。流石に身ごもってからは母子の安全を考え、浄化の旅は一時休業し、聖誓士団は二人のために情報集めとネットワーク拡大へと力を注いだ。

息子との旅を夢見て

 浄化の旅は息子の成長を待ってから再開された。デニアにとっては心配事が一つ増えたが、同時に生きる希望のような物にも変わっていた。子を得るまで他人の子供がかわいいと思ったことはあまりなかったが、旅先でつい話しかけてしまうなど母親らしい一面を多く持つようになっていった。

 そんなある日、帰ってきたデニアは激怒する。息子がツィドユウの洞窟のアンデッド討伐隊に参加していると聞いたのだ。これに対してアグリストIIは息子の成長を歓迎し、初めて夫婦喧嘩が勃発する。この夫婦喧嘩により、デニアの怒気に当てられて三度目の半端なアンデッドが跋扈する事態に発展し大騒ぎとなる。この騒動に当然息子は巻き込まれ、軽い怪我を負う。また、騒動を引き起こしたデニア自身も、息子をかばう為に重傷を負う。

 街を巻き込んだ騒ぎとなった事件だったが、この一件で家族の絆はより強固なものとなり、デニアの旅先での心配は帰宅の楽しみへと変化していき、恐らくはこの家族が一番幸せだった時期であろうと思われる。しかし、この幸せも長続きはしなかった。

 デニアにしてみると、ちょっとした油断……慣れがもたらした悲劇だったのかもしれない。パハボトーを初めとする仲間らと共に食事に出かけた際、とうとうエボンフラムに体を乗っ取られてしまったのだ。仲間と家族に向けて振り下ろされる刃をアグリストIIは必死の抵抗でしのぎ切り、なんとか息子は無事であったがその代償は大きく、デニアアグリストIIは相打ちで力尽きてしまう。、

 二人の亡骸はアグンヌの旧石切り場にて丁重に葬られ、エボンフラムは次の持ち主を決めるまで、この事件があったその場所に突き立てられたまま、監視が続けられることとなった。

やられグラフィック

Dな食卓_デニア_撤退.png
csaga_dead_u_017_01.png

カットイン

Dな食卓_デニア指揮_01.png
Dな食卓_デニア指揮_02.png
Dな食卓_デニア_超絶強化.png

利用mod


関連人物


  • 最終更新:2017-07-20 07:01:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード