ダークエルフ

概要

 エルフの傍流であり、モーゼが非処女の魔法使いとして力を手に入れる儀式に同行を許されたエルフと、その末裔をダークエルフと呼ぶ。

 モーゼシナイ山で手に入れた魔力は死の力であり、知性あるアンデッドへと自身を変貌させるための儀式でもあった。それに立ち会ったモーゼの親衛隊には儀式終了後モーゼにより祝福が与えられ、肌が黒く変化する。この儀式の完成と同時にエボンフラムが作られ、エボンフラムヨシュアへと託された。

 シナイ山から降りてきたモーゼは、ジリス主導による宴会を繰り広げるエルフに激怒し、首謀者およびその一族の殺害をダークエルフに委ねた。これがエルフダークエルフの確執に繋がっている。

 モーゼの死後、その身体に溜まった魔力の暴走によって生まれたティアマットモーゼの生まれ変わりとあがめ、ダナーンが提唱するティアマット討伐に反発。その戦いにはニヴァーナ以外の者は手を出さなかった。ティアマット討伐後、ダナーンエル・ダナーンを建国しダークエルフの受け入れを初めたが、彼らはティアマットへの信仰を認めるよう訴え、その受理と引き換えにエル・ダナーンへと帰属した。また、エル・ダナーンを受け入れられない一部のものは放浪の旅に出た。

特徴

 ダークエルフはその名のとおり肌が黒く、その黒さも日焼けによるものとは大きく異なり、肌色と程遠い灰色をしている。肌の色に個体差は無く、そのため日焼けする事もなければ肌が白くなることもない。混血児は必ず灰色の肌となる。

 この特徴は呪いとして受け取られる事が多く、そういう種族が存在すると認識されない田舎などでは悪魔として扱われる事も少なくない。また、何か災いが起った際には災いを招いたものとして扱われる事が多く、エル・ダナーンアナン以外で定住の地を持つダークエルフは稀である。特に父がダークエルフである場合、母親や親族が気味悪く思い手放す事も珍しくない。

 肌の色の都合で受け入れ先が少なく、エル・ダナーンアナンに属していない者の多くは各地を転々としている。

関連用語

関連人物


  • 最終更新:2016-10-06 08:57:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード