セティ

プロフィール


 バルカムット帝国最後の女王。そしてバルカムット原理主義の創始者ではないが象徴となった人物でもある。

 モーゼの反乱を抑えきれず、アンデッドらの裏切り、そして諸外国からの侵攻とバルカムットの負の遺産を全て受け継いでしまっている。ギークへと嫁ぐことで戦争を終結させたほか、アンデッドを失ってからは損害を極力減らすよう指示を出したり、オークであったアグリストIIを最後のバルカムット人と認めるなど、バルカムット原理主義とは違い人道的な面を多数見て取れる。

 モーゼとの交渉が決裂した理由は、モーゼの要求を飲めば他のものの要求も飲まねばならず、国力の低下を招くのが目に見えていたためである。セティの時代ですでにほころびは大きく目立っていた。実際、広大な領地に対してまともに機能していた範囲は非常に狭く、ハッティを手に入れてからは海の民の抵抗により領地拡大も行き詰まりを見せていた。そのため、いくつかの土地や砦を放棄し、国土の縮小を進めていたところでもある。縮小を進めているところに奴隷解放を認めると弱体化を宣言するようなものであり、とても受け入れられる内容ではなかったといえる。

 ギークに嫁いでからもその振る舞いは高貴そのものであり、バルカムットの再興よりも、ギークの人々を愛し、惜しまれながら亡くなった。というのが表向きの話。

 実際のところ、ギークの王が彼女を要求したのは、その性技のうわさを聞きつけたためであり、そんな女を独り占めにしたいという極めて低俗な独占欲からである。結果として骨抜きにされてしまい、表面上はまともな執政を行うが、裏では従順な犬として生きる、バルカムット原理主義の調教の原型がここに出来上がる。彼女が淑女を振舞ったのは、バルカムット再興を心の底で強く願い、そのための種まきを地道に進めたためである。

 セティの死後、バルカムット原理主義は王族など表舞台に良く出る立場は危険であるとし、舞台裏を操れる程度の地位を残し地下へと潜り、裏組織としてその勢力をバルカムット地方全体へと広げていった。

やられグラフィック

csaga_dead_u_013_01.png

利用mod


関連人物


  • 最終更新:2016-12-30 22:37:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード