エル・ダナーン

概要

主な種族:エルフダークエルフ
 邪龍を封印するため部隊を率いたダナーンが建国した国。ダークエルフとの確執を水に流し、ダークエルフを受け入れるとしたものの、世代を経るうちに差別は大きくなり、数あるエルフ国家の中でも最も差別が酷い国となった。

 軍事の為にダークエルフも士官学校には入れるが、部隊を率いる身分には決してなれず、階級こそ士官クラスまで上がるが、隊長はもちろん、分隊長ですら不可能である。一部、強力な実績を持つものだけが士官学校で教鞭を振るうことを許される程度であり、ダークエルフ隊の設立は奇跡に近い。

第三の約束の地

 最初は小さな集落だった。といっても、モーゼバルカムット帝国から連れ出したエルフの1/3近くの人数であったため、規模としてはかなり大きなものではあった。ティアマットとの戦いの後、指導者を引き継いだダナーンが導いた地で、ただ第三の地とだけ呼称されていた。

 畑を耕し、家を作り、集落としての運営が軌道に乗った頃、ダナーンは自殺してしまうが彼女の功績をたたえるため、残ったものは集落の名前をエル・ダナーンと呼ぶようになり、それが発展する事により、徐々に国家へと規模、政治形態を変化させていった。

二大宗教

 エル・ダナーンには二つの宗教が存在している。一つはエルフがバルカムットに拉致されても失わずに受け継いだ侵攻。もう一つはモーゼを祖とするティアマット信仰である。

 エルフの信仰は、元来は森、特に特定の大きな木を崇拝する物であったが、エル・ダナーンでは元いた土地ほどの大きな木が育たなかったため代わりに雪や吹雪、山などを信仰の対象とした。多神教であり、エル・ダナーンで作られた神も少なからず存在している。

 ティアマット信仰は当然のことながら一神教である。元々のエルフがもつ宗教に新たな一柱として迎え入れられる形であったが、具体的な偶像や儀式などの差から徐々に分離していった。これはダークエルフエルフの間にある確執の、大きな要因の一つとなった。

エルフとダークエルフ

 エル・ダナーンの人口は、多数のエルフと少数のダークエルフで構成されており、両種族間の仲は険悪である。

 建国当初はニヴァーナの尽力により、エルフダークエルフの区別は存在しなかったが、時代が減るにしたがって、両者の溝は徐々に深くなっていった。主な要因は以下の物である。


 溝が深まるにつれ、少数派であるダークエルフは差別の対象となり、離反したダークエルフ隊によるアナンの建国を初めとして、エル・ダナーンを離れるものも少なくない。

関連


  • 最終更新:2016-08-28 06:01:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード