エルフ

概要

 バルカムット帝国が南進した際に滅ぼした森を主な住処とするものたちの末裔。奴隷としてつれてこられたが、侮蔑の意味合いを含むオークと呼ばれることを拒み、生まれ故郷であるエルフを名乗った。モーゼによって奴隷の身分から解放された。

 幸いにしてバルカムットに連れ去られ無かったエルフらは、連れて行かれたものを同胞とは見ていないようである。

 元々自然と一体化して暮らすことを好む彼らには、自然からの恩恵を受けやすく、魔法使いとしての素養がある。ただし、これらは自然からの加護であり、他のものからの加護や祝福を受ける際には相殺し合う可能性が非常に高い。モーゼセティと比べアンデッド使役の才をもてなかったのも、この加護が中途半端に働いた結果である。

関連用語


関連人物


  • 最終更新:2015-05-12 10:28:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード