アーシラト

概要

 ウガルトの新首都。人の動きが活発になるに従って、激しい戦闘のあったティスティでは手狭になり、また、元々の設計が要塞である点から、新しい首都の建設が望まれた。候補地としてセコラテサ跡地が選ばれ、その残骸を撤去して作り直したものがアーシラトとなる。

 ギークワドメアからエル・ダナーンを往復する行商が必ずと言っていいほど立ち寄る町で、海にも面しているため、旧バルカムット領へとも出向きやすい。そほのかにもルートはいくらでもあるが、少なくともウガルト領内ではアーシラトへとつながる街道は、その他の道と比べて格段に安全であり、武装の少ない旅行者にも重宝されている。

関連


  • 最終更新:2016-03-24 11:00:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード