アンデッド

概要

 アンデッドには二種類あり、死者を復活させた使役されるのみの存在と、知性を保ち時によってはアンデッドを使役し、あるいは他種族と交流をし、文化を築きあげるものたちがいる。

 始めに自らに永遠の命を望んだものが一度死んでから蘇えりアンデッドと化し、その経験によって死者を復活させたものが使役されるアンデッドである。前者を知性あるアンデッドと呼び、「死なない存在」である。また、後者は知性無きアンデッドと呼び、「死んでない存在」である。

 知性なきアンデッドの生成技法はバルカムット帝国にて花開き、軍事力、労働力に大きな影響を与えたが、崩壊の際にヒューマンからは失われ、基本的にはアンデッドのみが保持する技術となった。

 なお、バルカムット帝国の再興を目論むバルカムット原理主義のなかでも、伝統的な一団はバルカムット式の教育方法を取り入れることにより、密かにアンデッド使役の術を受け継いでいる。

知性あるアンデッドの発祥

 元はを目指す修行者の中で、生存したままは難しいということで一度死ぬ事により、より本能を刺激し、魔法の力を高めようとした、いわゆる即身仏がアンデッドの発祥である。脱童を経験してなお魔法を使えるようになるには、非常に厳しい修行を耐えて、なお才能のあるものにのみ限られていた。

 そこで、魔法のメカニズムを研究し、種の本能から来るものではないか、子供ができていないことに対する、生命としてのあせりからくるものではないかという仮説が立てられ、実際によみがえりを行ってみようとするグループが現れた。当然失敗の積み重ねで、なかなか成功するものではなかったが、ある時期に一瞬だけ復活したものが現れ、次第にその時間が長くなっていった。その後、修行の効率化などを経て、手軽にになる方法として定着し、バルカムット帝国にて全盛を迎える。

 なお、この即身仏となる法はバルカムット帝国の崩壊後、バルカムット地方では失われてしまい、死者の書にのみ、その記載を見ることができるようになった。

関連人物


  • 最終更新:2017-04-17 15:58:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード