アグリストV

プロフィール

登場作品:未定
性別:男
種族:エルフ , ダークエルフ
所属:エル・ダナーン , 聖誓士団

 元エルフダークエルフ。本名不明。エボンフラムに触れたため、ダークエルフへと変化した。

 エボンフラムの浄化の成功とエルフからダークエルフへの変貌は、エル・ダナーンにおいて多くの人々に受け入れられると思われたが、ダークエルフからは自分たちが正統であるという主張につながり、エルフからはダークエルフはやはり呪いだという主張につながり、結果としてダークエルフエルフの確執を確立させてしまった。

 元々はダークエルフと仲のよいエルフであり、ティアマット信仰を通じてエボンフラムの伝説に触れ、聖誓士団とは敵対関係にあった。

浄化の旅

 ティアマット信仰はダークエルフの間で根強く残っていたが、エル・ダナーンではエルフの中でも入信者がおり、五代目アグリストはその一人でもあった。といっても信心深いわけではなく、仲のよいダークエルフの友人がいたため入信しただけで、ティアマットについて深く知っている訳では無かった。

 元々血の気の多かった彼は、友人にそそのかされて聖誓士団の存在を知り、エボンフラムと言う奪われた武器の存在を知る。一部の信者がこれを取り返そうと活動していることを知り、過激派の少数グループに参加する。

 聖誓士団の設立にはダナーンが深くかかわっていたため、不定期ではあるが、代表者が挨拶へと赴いていた。アグリストVはあいさつに赴いた聖誓士団の使者に強襲をかけたが返り討ちにあい捕獲される。時のエル・ダナーンの代表は、ティアマット信仰とエルフの間の溝が深まる事に心を痛めたが、襲われたアグリストIVの提案で、襲撃事件は聖誓士団の抜き打ち訓練とし、彼らは新入りとして迎え入れられることとなった。いつでもエボンフラムを狙っても良い代わりに、浄化の旅に付き合ってもらう事を条件とし、その代表としてアグリストVとその友人のダークエルフが選ばれた。

 浄化の旅の道のりは、そもそもが当てもない探求であったため、噂話を聞いては神聖と呼ばれる場所に向かい、ある時は野盗を討伐し、ある時は戦争に加担すると言った具合に心と体の休まる暇もなかなか取れない有様であった。当初はスキを見ては奪還の挑戦を行っていたが、盗賊の夜襲を受けてからはその余裕もなくなり、いつしか普通の旅の一行と化していた。

 旅を続けるにあたり、次第に聖誓士団としての自覚が芽生え始めたため、アグリストIVからアグリストVの名を送られ、エル・ダナーンにて襲名の儀式が秘かに行われた。エボンフラムと同時に名前を受け継いだアグリストVは、ティアマット信者にこの浄化の旅はティアマットに力を返す方法を探る旅であると説得し協力をとりつけた。

 中々手がかりを掴めない旅であったが、ある日、ティアマットの封印を訪れた際に事件が発生する。エボンフラムを作成したティアマットの封印の確認は聖誓士団にとっては大切な物であったが、各地を巡るアグリストの名前を受け継いだ者には中々手が回らず、専ら他の団員の仕事であった。しかし、彼らが確認のために訪れていた場所はダナーンが身を投じた場所であり、実際にティアマットが倒された地とは異なっていた。ダークエルフティアマット信仰に深く関わったアグリストVは、後回しにしていた封印の地を訪問した際、ダークエルフの伝承と大きく異なり、思い描いていた景色と違いすぎる点を疑問に思い、この矛盾点を聖誓士団に投げかけた。

 アグリストVよりダークエルフに伝わる伝承との食い違いを指摘された聖誓士団は、本来封印されているであろう場所探しを開始する。

 当初管理していたものがオルセである事、その後は時間が経ちすぎて人々からは忘れらされていた事、すでに実際に戦った者は全員が他界している事など、探索は困難を極めた。唯一の救いは、ニヴァーナが対ティマット戦に直接参加しており、ダークエルフニヴァーナの話を正確に伝えていた事だった。

 ティアマットの封印そのものはフェリスが管理をしており、定期的な手入れがなされていた。オルセが作った小さな祭壇であったが、突然現れた人工物は何か特殊な場所であると伝えるには十分であり、そして封印された地を探す一行にとって、そこが求めている地点であることが十分に伝わった。

 フェリス自身はこの時留守にしていたため誰が手入れをしているのかは彼らには解らなかったが、手入れをしてくれた何者かに感謝をし、亡き始祖であり救世主の眠りに祈りをささげる事とした。この際、アグリストVが祭壇に近づいたことでエボンフラムが反応し、エルフからダークエルフへとその姿を変化させた。エボンフラムに残った力がモーゼの力とエルフの血筋、そして忠誠心に呼応して起った変化であった。

 エボンフラムはその力を失い、元の姿へと戻り、アグリストVはかつてメタトロンと呼ばれた親衛隊と同じ身体能力を手に入れた。

凱旋と失望

 エボンフラムから黒い炎が消え、アグリストVダークエルフへと変化したと言う知らせは聖誓士団を大いに沸かせ、念願がかなったとして解散となった。それと同時に聖誓士団の名簿はエル・ダナーンへと返却されることが決定したため、代表としてアグリストIVアグリストVが赴くこととなった。エボンフラムビルドフラムと名付けられ、エル・ダナーンに収められた。

 100年を超える浄化の旅の成功と、エルフからダークエルフへの変化は、これまで確執のあったティアマット信仰者とエルフとの間の溝が埋まるものであると歓迎されたが、草の根ではそうはならなかった。

 ダークエルフダークエルフで、肌が黒くなるのは祝福の証であるという選民思想に囚われ、エルフエルフダークエルフはやはり呪われた種族だとして、これまでの溝をより深くする結果となってしまった。

 差別による確執が深くなっていく様子をその目で見てしまったアグリストVは、エルフにもダークエルフにも、そしてエル・ダナーンにも失望し、放浪の旅を開始した。

襲名

 エル・ダナーンに失望したアグリストVは、エル・ダナーンを捨て、バルカムット地方を渡り歩く傭兵として活動をしていた。傭兵になりたかったわけではなく、本人に出来る事が戦闘しかなかったからである。幸い、かつてのメタトロンと同等の身体能力を手に入れることが出来たので、用心棒や傭兵の仕事に困る事は無かった。

 部隊を率いる事に関しては素人であるため、ふらっと傭兵や用心棒を募集している人物を探してはその日暮らしを送っていた。腰に下げていたビルドフラムももうないため、周りからはアグリストとは呼ばれたが、誰もが伝説に登場するアグリストの襲名を受けたものとは信じず、自称だと思い込んでいた。

 いくつもの戦場を渡り歩き、どこかで安らぎを求めていた彼はある日、一人の少女を拾い上げる。戦闘で運よく生き延び、これから売りに出されようとした彼女を、彼は譲り受けた。経緯を聞けば、それまで彼が戦闘して来た村の一つが、自分と同じ名前を名乗るものに襲撃され、逃げていたところを捕まえられたと言う。

 何人か偽物がいるからそいつだろうという事にしたが、実際の所は本人の手によるものであった。

 アグリストVに保護されてから、復讐を心に秘めたまま周辺のお世話をした彼女は、知らず知らずのうちに武芸らしきものを覚え始めていた。それを知ってからは戦場で半端に戦うよりはしっかりと身を守れるようにと、しっかりとした訓練を開始し、兵士としても肩を並べることが出来るほどまで成長させた。

 すでに聖誓士団は解散していたため、アグリストの名前を紡いでいく意味も無かったが、彼にとっては聖誓士団は最後の心のよりどころでもあった。アグリストの名を受け継がせたいと、師であるアグリストIVには報告を行っていた。

 自身が敵である事を誤魔化し続けてはいたが、兵士としての成長に伴い彼女自身の情報収集力も増え、いずれはお互いに解決をしなければならない日が来ると感じていた。不器用な生き方しかできない彼の取った行動は、我が娘の望みをかなえてやる事だった。その昔、村を襲った人物を共に探し、一人で出歩く日をキャッチし、二手に分かれて襲う計画を立てた。

 二手に分かれたところで本人は着替え、合図となる射撃と娘の援護を信頼できる仲間を利用して行った。その後は実際に娘と斬りあい、腹部に重傷を負う。そしてとどめを刺す前に、顔を見ようと兜を剥いだ娘に事実を打ち明け、娘にアグリストの名前を与えた後、彼は息絶えた。

関連人物


  • 最終更新:2017-07-20 06:44:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード